ビキニラインのムダ毛処理はプロの脱毛エステに任せたほうが無難だと思うよ

 可愛らしい下着を買って身に着けたけどアンダーヘアがはみ出していた・・・なんて、女性としてはとても嫌ですよね。場所が場所なだけに自己処理をされている方も多いのではないでしょうか? アンダーヘアは太くて縮毛なため、自己処理ではなかなか綺麗に処理できず、処理後にトラブルを起こしたりしやすい部分でもあります。一般的に正面から見える部分がVライン、真下から見える部分をIライン、そしてお尻の周囲をOラインとされ、脱毛したい箇所としても多くの女性の希望があります。では、ビキニラインの脱毛について見ていきましょう。
 ビキニラインは体の中でもデリケートな部分であると言えます。そのため間違った方法で処理を行っているとトラブルの元となりますので注意が必要です。人によって太さや濃さや生えている範囲が違いますが、共通しているのは最も太く濃いむだ毛が生えていることでしょう。カミソリやシェーバーで剃ってもブツブツやザラザラしてしまい、思ったように処理できないことも多いでしょう。脱毛テープやワックスなどを使用し、根元から抜いてしまう方法が向いていると言えます。
 自己処理は不安だし綺麗に処理したいと思われたら、エステや医療機関での脱毛を考えましょう。エステでもコースとして設定されているところも多く、安心して処理できます。エステや医療機関では、ニードル脱毛・レーザー脱毛・フラッシュ脱毛・ワックス脱毛などで処理されているようです。Vラインの形も相談の上で決めることができます。
 処理後は処理した部分が擦れたりすることをなるべく避けましょう。生理中などかゆみが出ることもありますので、その際には冷やしたり軟膏を塗るなど、指示された方法を守るようにした方が良いでしょう。

背中のムダ毛処理は脱毛エステに行っておけ。

背中はなかなか自分で見られない部位なだけに処理をしていないという方も多いかもしれません。しかし、自分で想像する以上にむだ毛が生えていたりするものです。水着を着たり、ドレスを着たりする時には見られてしまいますから、一度は背中のむだ毛のことも考えてみることも必要でしょう。では、背中のむだ毛処理について詳しく見ていきましょう。
 背中は自分では確認しづらく、手が届かず、広範囲という場所のため、なかなか自分で処理できないことが問題になります。体を洗う際に体毛を絡め取って抜き去るという効果があるタオルも世の中には販売されていますので、そういう物を買って使用してみるのも良いでしょう。その他には、除毛剤や脱色剤を使用する方法、シェーバーやカミソリを使用する方法もありますが、シェーバーなどでは剃り残しがないか丁寧にチェックしましょう。協力してくれる人がいる場合は、家庭用脱毛器で処理してもらうこともできます。
 エステではどうでしょうか? 特に背中のむだ毛処理を意識するのはウエディングドレスを着ることになった場合で、ブライダルエステのコースに入っていたということも多いのではないでしょうか? 広範囲な背中ですから、フラッシュ脱毛など一気に広範囲が処理できる施術が多いようで、相場は2万円台~5万円台となっています。広範囲のため、それぐらいはかかってしまいますね。
 またどの方法をとってもお肌のお手入れはしておきましょう。他の部分よりもあまり目立たない背中の毛なので処理は簡単にしたいという人にもオススメなのが、スプレーボトルを使って抑毛ローションを塗布する方法です。脱毛後のケアとしても良いので、ぜひ行ってみましょう。

顔のムダ毛処理はどうやってやる?脱毛エステ?自己処理?

 顔は誰でもが見る場所なので、印象を良くするためにしっかりとお手入れをしたいところと言えます。マユのお手入れは大部分の方がされていると思いますし、顔のうぶ毛のお手入れも怠らない方も多いでしょう。顔のむだ毛処理は、女性ではくすみがなくなり化粧のりが良くなるこため、男性では清潔感をもたせるためにされているようです。では、顔のむだ毛処理について見ていきましょう。
 マユは毛抜きで抜いたり、うぶ毛はカミソリやシェーバーで剃ることが多いのではないでしょうか? 顔は体の中でも皮膚が薄く、非常にデリケートな部分です。少しの刺激で肌荒れなどを起こしてしまいますので、むだ毛処理も慎重に行いましょう。まず絶対にしてはいけないのは、除毛クリームなどを使った処理です。にきびや傷がある場合は悪化しますので、絶対に止めておきましょう。またカミソリを使用する際には切れ味の良いカミソリを使用し、クリームなどを塗ってから剃るようにしましょう。
 ではエステではどうでしょうか? エステでの顔の脱毛は、ブレンド法(電気脱毛と高周波脱毛を合わせた物)を取り入れているところが多いようです。光脱毛やレーザー脱毛は強い光を使用するので、目の周りなどには不向きのようです。料金の相場は1パーツ2万円前後~顔全体で5万円を超えるほどと比較的高額となり、それだけの技術が求められる部位であることが分かります。
  自己処理でもエステ脱毛でも、次の処理までの間はお肌のお手入れをしておきましょう。顔は特に注意が必要な部分でもあるので、できれば抑毛ローションなどで体毛の成長自体を抑えながら処理をしていくと良いでしょう。

ワキのムダ毛処理はどうするのがベストか?それが問題だ。

 ワキのむだ毛処理は、女性なら誰しもが欠かすことのできない箇所のひとつであり、また最も脱毛したい箇所のナンバーワンとなっています。永久脱毛をするにあたり、まずワキから始めるケースが多くなっていて、ワキ脱毛は比較的手軽に始められるコース設定をしているエステも少なくありません。では、ワキの脱毛をするにあたり、どのような脱毛方法が良いのか、脱毛後のケアはどうしたら良いのかを具体的に見ていきましょう。
 ワキのむだ毛処理をする人は自己処理の経験が少なからずあるでしょう。カミソリやシェーバーで剃って黒いブツブツが気になったことはありませんか? ワキは体の中でも最も濃い体毛が生える場所であり、また日光に当たる機会が少なくお肌自体が白いため、余計に目立ってしまいます。しかし、自己処理を続けていくとお肌にダメージが蓄積し、色素沈着などのトラブルを抱えてしまいます。ワキの脱毛ならばエステでの脱毛がオススメです。中にはワキ脱毛専門のサロンもありますし、両ワキ6回通っても5000円以内で済んでしまうくらいお安くなっています。エステでのワキ脱毛は、主に光脱毛・フラッシュ脱毛・IPL脱毛による脱毛となります。エステによっては施術前後に保湿ケアをしてくれるところもあるようです。施術に入る前に、無料カウンセリングなどで確認しておきましょう。
 エステで脱毛していても、次の施術までの間は自宅でも保湿ケアなどをしておいた方が良いようです。その際は低刺激性で、できれば天然素材のものを選ぶとお肌に負担をかけずに済みます。

ムダ毛の自己処理はデメリットだらけ?脱毛エステに行っておけ。

 自己処理のメリットは、自宅で好きな時間に、安価に行えることであると言えました。では、自己処理のデメリットはあるのでしょうか? 自己処理は、抜く、剃る、除毛する、脱色するの4つに分けられます。そして、それぞれに注意すべき点とデメリットがあります。それぞれについて見てみましょう。
 まずは抜くことですが、少なからず痛みを伴います。そして抜くことにより、以前よりも丈夫な毛を生えさせようとするため、その部分の血球の供給を増やし、結果、以前よりも毛深くなったということもあります。また途中で切れてしまい、皮膚の中に毛が埋もれた「埋没毛」という症状が出ることがあります。
 次に剃ることですが、特にカミソリを使用する場合は注意が必要です。処理する際には皮膚の角質も削り取ってしまうため、カミソリ負けや色素沈着などの症状が出ることがあります。毛の流れと逆に剃ることも皮膚を傷める原因となります。また浴室で使用する際には浴室内の雑菌により炎症を起こしたり、錆びてしまったカミソリを使用することで毛のう炎になることもあります。
 除毛クリームやムースなどを使う場合ですが、使用目的が体毛のたんぱく質を溶かすことになるので、皮膚への影響はあると考えておいたほうが良いでしょう。肌の弱い人はかぶれたりしますので、まずは肌に合うかどうかのパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。
 最後に脱色剤ですが、頭髪の脱色と同じ原理になります。体表に出ている部分のみを脱色し目立たなくするだけなので、伸びてくれば脱色した部分と伸びてきた部分とが一目瞭然になります。また薬剤により体調が悪くなったり、皮膚への負担が大きくトラブルを引き起こすことが多いため、注意が必要です。
 このように、自己処理のデメリットは皮膚への負担がかかることが多いと言えます。

ムダ毛の自己処理にメリットなんてあるの?

 自己処理の方法を見てきました。大きく分けて、抜く、剃る、除毛する、脱色するという4つの方法になります。それぞれに特徴がありましたが、では、このような自己処理を行うにあたり、メリットとなることはどんなことがあるでしょうか?
 まずは自宅で行えることです。エステに定期的に通わなくても良く、自宅で自分ができる時に行うことができます。自分一人でするので、「他の人に見られたくない」という人でもできるのが良いですね。
 次に安価で行えることです。自宅で行う自己処理で使用するものは、毛抜きや脱毛ワックスや脱毛テープ、カミソリやシェーバー、除毛クリームやムース、脱色剤などで、ドラッグストアなどで数100円で手に入れることができます。思い立ったらすぐにすることができるのが魅力です。
 そして、したい場所だけできることです。今日は腕、明日は脚・・・など、したい時にしたい場所だけすることができます。もちろん、自分が好きな時間にです。
 このように、なかなかまとまった時間が取れなくてエステに通えない社会人の方や、エステに通うような資金がない学生さんでもできるのが、自宅での自己処理のメリットであると言えます。
 更に今では、家庭用脱毛器も普及してきていますので、少し投資できる余裕がある方なら、エステに通うのと同じような効果が自宅での処理でできてしまうこともあります。もちろん、エステに通うよりも比較的安価で済むということもメリットです。
 まとめると、自己処理のメリットは、自宅で好きな時間に、安価で行えることであると言えます。

ムダ毛の自己処理の方法を実際に紹介します

 では、自己処理の方法を詳しく見ていきましょう。
 まずは毛を抜く方法ですが、毛を抜くため表面上は綺麗に処理されたように見えます。しかし、毛根部はそのままなため、また生えてきてしまいます。抜く時に痛みを伴いますし、毛が途中で切れて皮膚の中に埋もれてしまう埋没毛になることもあります。更に、抜くたびに毛が逞しくなろうとして、最終的に以前より太い毛になることもあります。
 次に剃る方法ですが、一度に広範囲を処理できるため、腕や脚などに向いていると言えます。しかし、表面だけを剃り落とすだけなので断面が広くボツボツが気になる、体毛の再生が早く処理効果が長続きしないなどの不満もあります。また剃る時に肌の角質まで削り取るため、カミソリ負けや色素沈着などの症状が現れることもあります。
 除毛クリームやムースですが、ドラッグストアなどでも簡単に手に入り、痛みなどもなく処理できます。使用方法は除毛したい部分にクリームなどを塗り、時間を置いてから拭き取るだけです。体毛の成分であるたんぱく質を溶かして除毛するので、皮膚のたんぱく質への影響も少なからずあり、また毛根部は残るため、体毛は再生してきます。
 脱色剤ですが、毛髪の脱色と同じようなものだと考えれば良いでしょう。体毛自体の色を薄くし、目立たなくするものです。目立たなくするだけなので、触れれば毛が生えていることが分かりますし、体毛は伸びますので新しく伸びてきた体毛は黒いままです。もちろん、頭髪の脱色と同じように、事前にパッチテストなどを行ってから、肌に合わなければ他の方法をした方が良いでしょう。

ムダ毛の自己処理とは?自己処理の方法をまとめてみた

 それでは実際の処理について見てみましょう。まずは誰しも経験があるだろう自己処理について、詳しく見ていくことにします。
 自己処理とは、自宅で、自分でする処理のことで、毛抜きなどで抜く、カミソリやシェーバーなどで剃る、ワックスや脱毛テープで抜く、脱色剤などで毛の色を目立たなくする、除毛クリームやムースなどで表面だけ除毛する、抑毛ローションなどで発毛を抑制するなどの方法になります。また、家庭用の脱毛器も普及してきたため、自宅で簡単にエステなどと同じように脱毛できる機会も増えています。
 まず最初に経験するのは、毛抜きで抜く方法とカミソリやシェーバーで剃る方法ではないでしょうか? 手軽にでき、安価で済みますので、一度はやられている方も多いと思います。しかし、毛抜きで抜くと痛みがありますし、カミソリでは傷を作ってしまった方も多いのでは?
 他には、ドラッグストアなどで簡単に手に入る、除毛クリームや脱色剤、脱毛テープなどですが、どの場合も肌の上に直接乗せて処理するため、肌へのダメージは避けられません。
 このように、手軽にできて安価で済む自己処理ですが、間違ったやり方をしてしまえば、せっかくのお肌に傷を作ったり、ダメージを与えてしまう可能性があります。また永久脱毛ではないため、体毛の再生によって再び毛が生えてきてしまうので、常に自己処理を行う必要が出てきます。
 最後に家庭用脱毛器ですが、安価とは言えませんが、エステに定期的に通えない人であったり、自宅で自分の好きな時に処理したい人にはお薦めです。中にはエステで使われている機器と同じようなものが家庭用になっていたりするので、いろいろな機器を比べて購入してみましょう。

男性でもムダ毛処理している人はかなりいるらしい

 現在、女性のみならず男性でもむだ毛処理をする人が増えています。女性と男性のむだ毛に対する考え方や感じ方は違うものの、やはり、見た目を気にするようになったということではないでしょうか? では、男性のむだ毛について見てみましょう。
 体毛は、男性ホルモンが多いと濃く太くなりますから、どうしても女性よりも濃く太い体毛になります。逆に言えば、それが男らしさやワイルドさを象徴しているのですが、そういったものを嫌煙する女性も多くなってきました。そのため、むだ毛処理を行うようになった男性も多いのではないでしょうか?
 まずは女性と同様、マユを整える男性が増えてきました。中には細くする若者もいますが、適度に整えるのは好印象を与えるためにも良いのではないでしょうか。
 次に目に付くのが、腕や脚のすね毛など、一番目立つ部分です。綺麗にツルツルにする男性も多いようですが、剃ってしまうのには抵抗のある人は、抑毛クリームなどで適度な体毛にしている方もいるのではないでしょうか?
 また、手の甲や足の指の毛も気を付けたいところです。ありすぎると「オヤジくさい」雰囲気になってしまったりします。
 女性ではワキの毛は一番に処理したいと思う場所ですが、男性の場合はどうでしょう? 中には綺麗に処理している方もいますが、大部分の男性はあまり気にされてはいないのではないでしょうか? 普通に腕を下ろした状態ではみ出している場合、少し処理をされると清潔感も出て良いかと思われます。
 日本人では中途半端にあるとされる胸毛は、女性には最も抵抗を感じる体毛と言われます。気になる方は男性専用のエステなどで処理をされるのも良いかもしれませんね。

ムダ毛とはそもそも何?女性のムダ毛について考えてみた

 「むだ毛」とは言っても、本当に無駄な毛はありません。必要だから体毛はあります。しかし、やはり綺麗な肌に憧れるもの。では、女性が処理している体毛は、どの部分があるのでしょうか?
 まずは、一番多いのはワキの体毛でしょう。夏場でなくても一年中処理している方や、永久脱毛を行った方も多い箇所です。剃っても黒いブツブツが気になるなどして、ノースリーブが着られないという方も多いのではないでしょうか?
 次に、特に目にさらす機会が多い、腕や脚の体毛です。表面積も広く、すぐ目に付きやすい場所であると言えます。その中でも特にひじ下、ひざ下は目立つ部分となるので、自己処理も頻繁に、そしてエステなどでも人気の箇所になっているようです。
 また、マユのお手入れも多くの女性は行っているでしょう。形を整えるために周囲の余分な毛を抜くのは、もはや常識になっているかもしれませんね。今では、好みの形にするためのマユのテンプレートなども発売されています。顔の部分では他にもあります。顔全体の産毛の処理をされている方も多いのでは? 特に鼻の下や口元の少し目立つ産毛は気になりますよね。カミソリで剃ったり、専用のシェーバーを使用したり、家庭用脱毛器を使ったり、エステで永久脱毛をしたり。やはり顔のむだ毛は気になるものです。
 他にも、乳首周りやおへその周囲の毛も、女性は気になります。そして、アンダーヘアなどのデリケートゾーンも、綺麗でいたい女性には悩みの種になりますね。自己処理ではケアが大変なので、エステでしてもらう方も多いのではないでしょうか?
 女性のむだ毛の意識は、とにかく「綺麗な肌でいたい」という気持ちがあって定義されています。