ムダ毛の自己処理はデメリットだらけ?脱毛エステに行っておけ。

 自己処理のメリットは、自宅で好きな時間に、安価に行えることであると言えました。では、自己処理のデメリットはあるのでしょうか? 自己処理は、抜く、剃る、除毛する、脱色するの4つに分けられます。そして、それぞれに注意すべき点とデメリットがあります。それぞれについて見てみましょう。
 まずは抜くことですが、少なからず痛みを伴います。そして抜くことにより、以前よりも丈夫な毛を生えさせようとするため、その部分の血球の供給を増やし、結果、以前よりも毛深くなったということもあります。また途中で切れてしまい、皮膚の中に毛が埋もれた「埋没毛」という症状が出ることがあります。
 次に剃ることですが、特にカミソリを使用する場合は注意が必要です。処理する際には皮膚の角質も削り取ってしまうため、カミソリ負けや色素沈着などの症状が出ることがあります。毛の流れと逆に剃ることも皮膚を傷める原因となります。また浴室で使用する際には浴室内の雑菌により炎症を起こしたり、錆びてしまったカミソリを使用することで毛のう炎になることもあります。
 除毛クリームやムースなどを使う場合ですが、使用目的が体毛のたんぱく質を溶かすことになるので、皮膚への影響はあると考えておいたほうが良いでしょう。肌の弱い人はかぶれたりしますので、まずは肌に合うかどうかのパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。
 最後に脱色剤ですが、頭髪の脱色と同じ原理になります。体表に出ている部分のみを脱色し目立たなくするだけなので、伸びてくれば脱色した部分と伸びてきた部分とが一目瞭然になります。また薬剤により体調が悪くなったり、皮膚への負担が大きくトラブルを引き起こすことが多いため、注意が必要です。
 このように、自己処理のデメリットは皮膚への負担がかかることが多いと言えます。