ムダ毛の自己処理の方法

ムダ毛の自己処理はデメリットだらけ?脱毛エステに行っておけ。

 自己処理のメリットは、自宅で好きな時間に、安価に行えることであると言えました。では、自己処理のデメリットはあるのでしょうか? 自己処理は、抜く、剃る、除毛する、脱色するの4つに分けられます。そして、それぞれに注意すべき点とデメリットがあります。それぞれについて見てみましょう。
 まずは抜くことですが、少なからず痛みを伴います。そして抜くことにより、以前よりも丈夫な毛を生えさせようとするため、その部分の血球の供給を増やし、結果、以前よりも毛深くなったということもあります。また途中で切れてしまい、皮膚の中に毛が埋もれた「埋没毛」という症状が出ることがあります。
 次に剃ることですが、特にカミソリを使用する場合は注意が必要です。処理する際には皮膚の角質も削り取ってしまうため、カミソリ負けや色素沈着などの症状が出ることがあります。毛の流れと逆に剃ることも皮膚を傷める原因となります。また浴室で使用する際には浴室内の雑菌により炎症を起こしたり、錆びてしまったカミソリを使用することで毛のう炎になることもあります。
 除毛クリームやムースなどを使う場合ですが、使用目的が体毛のたんぱく質を溶かすことになるので、皮膚への影響はあると考えておいたほうが良いでしょう。肌の弱い人はかぶれたりしますので、まずは肌に合うかどうかのパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。
 最後に脱色剤ですが、頭髪の脱色と同じ原理になります。体表に出ている部分のみを脱色し目立たなくするだけなので、伸びてくれば脱色した部分と伸びてきた部分とが一目瞭然になります。また薬剤により体調が悪くなったり、皮膚への負担が大きくトラブルを引き起こすことが多いため、注意が必要です。
 このように、自己処理のデメリットは皮膚への負担がかかることが多いと言えます。

ムダ毛の自己処理にメリットなんてあるの?

 自己処理の方法を見てきました。大きく分けて、抜く、剃る、除毛する、脱色するという4つの方法になります。それぞれに特徴がありましたが、では、このような自己処理を行うにあたり、メリットとなることはどんなことがあるでしょうか?
 まずは自宅で行えることです。エステに定期的に通わなくても良く、自宅で自分ができる時に行うことができます。自分一人でするので、「他の人に見られたくない」という人でもできるのが良いですね。
 次に安価で行えることです。自宅で行う自己処理で使用するものは、毛抜きや脱毛ワックスや脱毛テープ、カミソリやシェーバー、除毛クリームやムース、脱色剤などで、ドラッグストアなどで数100円で手に入れることができます。思い立ったらすぐにすることができるのが魅力です。
 そして、したい場所だけできることです。今日は腕、明日は脚・・・など、したい時にしたい場所だけすることができます。もちろん、自分が好きな時間にです。
 このように、なかなかまとまった時間が取れなくてエステに通えない社会人の方や、エステに通うような資金がない学生さんでもできるのが、自宅での自己処理のメリットであると言えます。
 更に今では、家庭用脱毛器も普及してきていますので、少し投資できる余裕がある方なら、エステに通うのと同じような効果が自宅での処理でできてしまうこともあります。もちろん、エステに通うよりも比較的安価で済むということもメリットです。
 まとめると、自己処理のメリットは、自宅で好きな時間に、安価で行えることであると言えます。

ムダ毛の自己処理の方法を実際に紹介します

 では、自己処理の方法を詳しく見ていきましょう。
 まずは毛を抜く方法ですが、毛を抜くため表面上は綺麗に処理されたように見えます。しかし、毛根部はそのままなため、また生えてきてしまいます。抜く時に痛みを伴いますし、毛が途中で切れて皮膚の中に埋もれてしまう埋没毛になることもあります。更に、抜くたびに毛が逞しくなろうとして、最終的に以前より太い毛になることもあります。
 次に剃る方法ですが、一度に広範囲を処理できるため、腕や脚などに向いていると言えます。しかし、表面だけを剃り落とすだけなので断面が広くボツボツが気になる、体毛の再生が早く処理効果が長続きしないなどの不満もあります。また剃る時に肌の角質まで削り取るため、カミソリ負けや色素沈着などの症状が現れることもあります。
 除毛クリームやムースですが、ドラッグストアなどでも簡単に手に入り、痛みなどもなく処理できます。使用方法は除毛したい部分にクリームなどを塗り、時間を置いてから拭き取るだけです。体毛の成分であるたんぱく質を溶かして除毛するので、皮膚のたんぱく質への影響も少なからずあり、また毛根部は残るため、体毛は再生してきます。
 脱色剤ですが、毛髪の脱色と同じようなものだと考えれば良いでしょう。体毛自体の色を薄くし、目立たなくするものです。目立たなくするだけなので、触れれば毛が生えていることが分かりますし、体毛は伸びますので新しく伸びてきた体毛は黒いままです。もちろん、頭髪の脱色と同じように、事前にパッチテストなどを行ってから、肌に合わなければ他の方法をした方が良いでしょう。

ムダ毛の自己処理とは?自己処理の方法をまとめてみた

 それでは実際の処理について見てみましょう。まずは誰しも経験があるだろう自己処理について、詳しく見ていくことにします。
 自己処理とは、自宅で、自分でする処理のことで、毛抜きなどで抜く、カミソリやシェーバーなどで剃る、ワックスや脱毛テープで抜く、脱色剤などで毛の色を目立たなくする、除毛クリームやムースなどで表面だけ除毛する、抑毛ローションなどで発毛を抑制するなどの方法になります。また、家庭用の脱毛器も普及してきたため、自宅で簡単にエステなどと同じように脱毛できる機会も増えています。
 まず最初に経験するのは、毛抜きで抜く方法とカミソリやシェーバーで剃る方法ではないでしょうか? 手軽にでき、安価で済みますので、一度はやられている方も多いと思います。しかし、毛抜きで抜くと痛みがありますし、カミソリでは傷を作ってしまった方も多いのでは?
 他には、ドラッグストアなどで簡単に手に入る、除毛クリームや脱色剤、脱毛テープなどですが、どの場合も肌の上に直接乗せて処理するため、肌へのダメージは避けられません。
 このように、手軽にできて安価で済む自己処理ですが、間違ったやり方をしてしまえば、せっかくのお肌に傷を作ったり、ダメージを与えてしまう可能性があります。また永久脱毛ではないため、体毛の再生によって再び毛が生えてきてしまうので、常に自己処理を行う必要が出てきます。
 最後に家庭用脱毛器ですが、安価とは言えませんが、エステに定期的に通えない人であったり、自宅で自分の好きな時に処理したい人にはお薦めです。中にはエステで使われている機器と同じようなものが家庭用になっていたりするので、いろいろな機器を比べて購入してみましょう。